EAST
富士通フロンティアーズ IBM BigBlue アサヒビールシルバースター オール三菱ライオンズ BULLSフットボールクラブ 警視庁イーグルス
CENTRAL
ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ LIXIL DEERS 東京ガスクリエイターズ 明治安田PentaOceanパイレーツ ブルザイズ東京
EAST
パナソニックインパルス アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ エレコム神戸ファイニーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ サイドワインダーズ
TOP > 表彰

表彰

オールXとは

Xリーグでは2000年度よりリーグ戦で活躍した優秀な選手を表彰し、オールXリーグチームを選出しています。選考対象は攻撃11名、守備11名、スペシャルチーム3名の計25名です。Xリーグ所属の18チームから1チーム当たり5名のコーチおよび選手が所属地区の自チーム以外の選手に対してポジション別に投票を行い。これを協会、各メディアの担当者から構成されるオールXリーグ選考委員会において総合的な評価、選考を経て決定しました。各地区の最優秀選手と最優秀新人選手、計6名も選出しています。

2012年 受賞者一覧

最優秀選手
EAST CENTRAL WEST
丸田 泰裕丸田 泰裕
(鹿島)
票:12
木下 典明木下 典明
(オービック)
票:10
今西 亮平今西 亮平
(パナソニック)
票:16
最優秀新人選手
EAST CENTRAL WEST
荒井 航平荒井 航平
(鹿島)
票:10
ケビン クラフトケビン クラフト
(IBM)
票:13
黒川 晴央黒川 晴央
(アサヒ飲料)
票:13
オフェンス
OL
佐野 常実佐野 常実
(パナソニック)
パナソニックの攻撃をセンターとして牽引するベテランのイケメンOL
[ 2年ぶり2回目 ]
票:19
倉持 和博倉持 和博
(鹿島)
7年連続7回目は他の追随をゆるさない日本を代表するOL。最高得票数で文句なしの受賞
[ 7年連続7回目 ]
票:25
野田 健仁野田 健仁
(アサヒ飲料)
2年連続受賞大阪府立大学出身の巨漢OL。成長株からさらに進化した
[ 2年連続2回目 ]
票:20
小島 大輔小島 大輔
(鹿島)
縁の下の力持ち的な存在のOLながら光る動きを見せて受賞
[ 初受賞 ]
票:15
黒川 晴央黒川 晴央
(アサヒ飲料)
名城大学出身新人賞とダブル受賞で今後のさらなる飛躍を期待できる
[ 初受賞 ]
票:23
 
TE(SB)
吉田 武蔵吉田 武蔵
(パナソニック)
TEの票が割れる中、得票数堂々の1位を記録した。パワープレーに貢献した。
[ 初受賞 ]
票:11
 
WR
前田 直輝前田 直輝
(鹿島)
スピード、キャッチングセンスなど学生時代から日本代表に相応しい逸材
[ 初受賞 ]
票:20
木下 典明木下 典明
(オービック)
オービック全勝優勝の立役者でMVPも同時受賞。存在感のあるプレイヤー
[ 初受賞 ]
票:23
RB
丸田 泰裕丸田 泰裕
(鹿島)
鹿島ランオフェンスの要。今期450ヤードのランはXリーグ堂々の1位を記録した。
[ 3年ぶり2回目 ]
票:23
中西 頌中西 頌
(オービック)
インサイド無駄なく走るRB。小兵なのに走りに力強さがあり、相手がチームから嫌がられる存在
[ 初受賞 ]
票:16
QB
ケビン クラフトケビン クラフト
(IBM)
176回試投で130回成功、被インターセプト3、1628ヤード獲得20TDの記録は圧巻
[ 初受賞 ]
票:19
 
キッカー・パンター・リターナー
K
西村 豪哲西村 豪哲
(富士通)
富士通の貴重な得点源となるFGを随所で決めての受賞
[ 2年連続2回目 ]
票:15
 
P
青木 大介青木 大介
(鹿島)
飛距離と滞空時間のあるパントが魅力。鹿島のキーパーソンである
[ 2年連続2回目 ]
票:16
 
リターナー
今西 亮平今西 亮平
(パナソニック)
開幕ゲームでの逆転のパントリターンタッチダウンが印象的
[ 初受賞 ]
票:25
 
ディフェンス
DL
小宮 啓太小宮 啓太
(鹿島)
豊富な運動量で鹿島DLの中核に。パスラッシュを高評価
[ 2年連続2回目 ]
票:21
紀平 充則紀平 充則
(オービック)
大きな体格ながら、パスカットなどボールに対する反応が秀逸
[ 2年ぶり3回目 ]
票:24
鈴木 修平鈴木 修平
(鹿島)
相手OLを根負けするくらいにプレッシャ―をかけ続けた活躍を評価
[ 2年ぶり2回目 ]
票:24
ケビン ジャクソンケビン ジャクソン
(オービック)
脅威のパスラッシュはオービックの武器。満票で最高得票で受賞
[ 8年連続8度目 ]
票:25
LB
古庄 直樹古庄 直樹
(オービック)
日本トップクラスのスピードを持ったLB、今シーズン19タックル、3パスカット。オービックを引っ張る主将
[ 2年ぶり8回目 ]
票:20
鈴木 將一郎鈴木 將一郎
(富士通)
ビッグプレーメーカーであり、鋭いブリッツで窮地を打開する富士通の守護神
[ 2年連続3回目 ]
票:16
岸本 祐輔岸本 祐輔
(IBM)
IBM守備陣の中で最もハードヒッターであり、野性味あふれるプレーで活躍。
[ 初受賞 ]
票:14
 
DB
三宅 剛司三宅 剛司
(オービック)
DBとして必要なものをすべて兼ね備えている日本を代表するプレイヤー。満票で受賞
[ 3年連続3回目 ]
票:25
山田 敏博山田 敏博
(アズワン)
非常に印象的なインターせプトおよびパスカットを量産。アズワンの守備力アップの原動力
[ 初受賞 ]
票:19
加藤 公基加藤 公基
(鹿島)
スピードと強力タックルで印象的な鹿島の最後の砦
[ 2年連続2回目 ]
票:19
渡辺 雄一渡辺 雄一
(オービック)
39歳、オービック最年長のCB。あらゆるシチュエーションで活躍できる選手
[ 4年ぶり3回目 ]
票:20
朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ 川崎市 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構 toto公式サイト 競技強化支援事業 nikkansports.com アメフト×商店街 水道筋ゑびす.com - -
ページトップへもどる