X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ みらいふ福岡SUNS
TOP > What’s New > 【第27回ジャパンXボウル】オービックと富士通が前哨戦

What’s New

【第27回ジャパンXボウル】オービックと富士通が前哨戦

’13.12.02

12月2日(月)、東京ドームホテルにて「第27回ジャパンXボウルメディア懇親会」が行われた。

2年ぶり5度目の出場、初の日本一を狙う富士通フロンティアーズからは、藤田ヘッドコーチ、DL#13平井主将、LB#5青木副将、TE#48白木副将、WR#4宜本選手が出席。

4年連続9度目の出場、史上初の4連覇がかかるオービックシーガルズは、大橋ヘッドコーチ、LB#2古庄主将、LB#9塚田副将、WR#7池井選手という顔ぶれ。

 

富士通陣営は、「今シーズンは、選手が自信を持ってプレーをしている。メンバーも充実し、自分たちの持っている力を十分発揮できれば、勝機はあると思う」と自信をのぞかせた。 一方、オービックは「ようやくこの舞台にたどり着いたが、厳しい戦いを勝ち抜いて成長してきた手応えもある。激しい試合になることは間違いない」と激戦に臨む構え。

 

両チームは、ジャパン X ボウルで2度対戦し(2002、2011年)、ともにオービックに軍配が上がっているが、いずれも最後までもつれる接戦。今春のパールボウル準決勝では、富士通がオービックの公式戦連勝記録を37で止めている。

 

総合順位制が導入された初年度に早速実現する1位同士の全勝対決。社会人頂上決戦にふさわしいハイレベルな攻防になることは間違いない。

ハーフタイムショーでは、総勢100人以上のXリーグチアリーダーとタレントの中川翔子さんとのコラボが2年連続で実現。

ジャパンXボウルは16日午後7時から東京ドームでキックオフ。

 

左から富士通・DL#13平井主将、藤田ヘッドコーチ、オービック・大橋ヘッドコーチ、LB#2古庄主将

今年のジャパンXボウルは社会人頂上決戦&大“望”年会!幹事役の中川翔子さんを指差す両主将

関連記事
  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる