X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ オーパーツ福岡SUNS
TOP > What’s New > 【GBチャレンジ 決勝戦】名古屋サイクロンズ vs クラブホークアイ

What’s New

【GBチャレンジ 決勝戦】名古屋サイクロンズ vs クラブホークアイ

’18.05.28

ホークアイが名古屋を破る大金星。グリーンボウルチャレンジ初優勝

 

第64回西日本社会人アメリカンフットボール選手権大会、Xリーグの下位2チームと、X2の上位2チームがトーナメントで争うグリーンボウルチャレンジの決勝戦。

順当に勝ちあがったXリーグ5位の名古屋サイクロンズと、初戦でXリーグ6位のサイドワインダーズを破って決勝にコマを進めたX2のクラブホークアイが対戦した。

 

 

DL#5岡のQBサック

ディフェンシブなゲーム展開で前半は両チーム無得点

試合開始から互いにパントを蹴り合う展開。相手の攻撃を3アンドアウトに抑え込んだ名古屋が、第2シリーズで敵陣46ヤードと、有利なポジションから攻撃を開始する。

 

RB#21藤井のランのあと、QB#6伊藤からRB#9井戸へ29ヤードのパスが決まりゴール前13ヤードに迫る。

ここからRB#7加藤のランを軸に攻めるが、有効なゲインを奪えず、K#97真置が31ヤードのFGを試みるが失敗に終わる。

 

その後は互いのディフェンスが奮闘し、ゲームはしばし膠着状態に。散発的にダウンの更新はするものの、連続したドライブには繋がらない。

 

前半残り時間1分20秒、名古屋自陣38ヤードからの攻撃。

QB伊藤の投じたロングパスをWR#10永井が2人のマークを振り切ってキャッチ。そのままエンドゾーンに持ち込んだが、ホールディングの反則で取り消し。

10ヤード罰退して再びパスを投じると、それをホークアイのLB#91宮がインターセプトして攻撃権がホークアイに移る。

 

だがホークアイの最初のプレーで、QB矢羽多に名古屋のDL#91工藤がファンブルフォース。こぼれたボールを名古屋のLB#58添島が拾い上げて名古屋が攻撃権を奪い返す。

 

前半終了まで23秒。ここで名古屋QB伊藤がWR永井に42ヤードのロングパスを決めて、ゴール前30ヤード。ショートパス2本で7ヤードほど前進したあと、残り時間でK真置が再びFGに挑むが、またしても不成功に終わる。

 

 

WR#10永井

WR#10永井がロングパスをキャッチして先制TD

両者無得点のまま迎えた後半。

ホークアイの後半第1シリーズを、3アンドアウトに抑えた名古屋自陣49ヤードからの攻撃。

3プレー目にQB伊藤からWR永井にロングパスが決まって、永井がそのままエンドゾーンに駆け込みTD。今度は反則もなく先制点を獲得。しかしTFPのキックは不成功に終わり、6-0と名古屋がリードする。

 

3Qの終盤。ここまで得点の気配すらなかったホークアイにチャンスが生まれる。

 

LB#44玉井のパスインターセプトから掴んだホークアイ敵陣38ヤードからの攻撃。

QB矢羽多からWR#4中川へのパス、QB矢羽多のランで敵陣22ヤードへと前進。ここからRB#40橋本のドロープレーが決まってゴール前6ヤードに迫る。

相手のパスインタフェアーでさらに詰め寄ると、QB矢羽多からRB#41佐藤(暁)にTDパスが決まる。TFPのキックを成功させて7-6。ホークアイが逆転に成功する。

 

 

RB#41佐藤(暁)

RB#41佐藤(暁)への勝ち越しTDパス

4Qはホークアイが丁寧に時間を潰し、守っては名古屋を2度のダウン更新のみに抑え込むなど得点を与えず、このまま試合終了。

ホークアイが、Xリーグのチームを再び破る大金星でグリーンボウルチャレンジ初優勝を成し遂げた。

 

「ディフェンスが神懸かっていた。選手、コーチとも良く凌いでくれた」と、話すホークアイの西村HC。ワンチャンスを得点に結びつけたオフェンスは「名古屋のディフェンスは精度が高くて、糸口がなかなか見つからない中、QBが持ち味を発揮してくれた」と、選手を褒め称える。

「1年で戻って、来季のXリーグで勝つことが目標。コーチ陣も少ない中、選手達が意識を持って主体的に良くやってくれている」と、チームはさらに上を目指している。

 

思いがけない敗戦に「春の時期で新人選手との融合を図りながら、いまの段階の力試しをしたがこれが今の実力」と、話す名古屋の小林オフェンスコーディネイター。

「反則やターンオーバー、FGの失敗も含め、まだまだ精度が低くて練習が足りていない。ゲームそのものがいい練習になっているので、次に繋げていきたい」と、秋本番に向けて課題の克服が始まる。

  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる