EAST
富士通フロンティアーズ LIXIL DEERS アサヒビールシルバースター 東京ガスクリエイターズ 警視庁イーグルス 富士ゼロックスミネルヴァAFC
CENTRAL
オービックシーガルズ IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オール三菱ライオンズ 明治安田PentaOceanパイレーツ BULLSフットボールクラブ
EAST
パナソニック インパルス エレコム神戸ファイニーズ アサヒ飲料チャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ クラブホークアイ
TOP > What’s New > 【WEST】 アズワンブラックイーグルズvs名古屋サイクロンズ 試合レポート

What’s New

【WEST】 アズワンブラックイーグルズvs名古屋サイクロンズ 試合レポート

’16.10.03

アズワンの攻撃力が勝る。名古屋の健闘及ばず

 

Xリーグ2016、レギュラーシーズンのWEST第4節。いつもと所を変えて、滋賀県の彦根陸上競技場で、アズワンブラックイーグルスと名古屋サイクロンズが対戦した。

BATTLE9での再戦。どちらも手の内を知り尽くしているだけに、序盤から激しい攻防が繰り広げられた。 

 

KR#11矢部

リターナーに入った#11矢部が先制パンチ

「十分に気をつけていたが、またしても出鼻を挫かれてしまった」と、名古屋の近藤助監督。

名古屋が蹴った試合開始のキックオフを、リターナーに入ったアズワン#11矢部が快足を飛ばしてビッグリターン。そのまま85ヤードのリターンTDとなり、アズワンがいきなり先制する。

「キッキングを大事にしてきただけにその成果が出た。最初から勢いがついた」と、アズワン鈴木GMも納得のプレーだ。

 

しかし名古屋もリターンマッチに備えて、入念なスカウティングと準備をしてきている。

自陣18ヤードから開始した名古屋の第1シリーズ。QB#1神谷からRB#21藤井へのパスが立て続けに決まり連続ダウン更新。

 

RB#21藤井

名古屋もRB#21藤井の好走を軸に反撃

敵陣に入るとWR#81鈴木、#22渡邊へのパス、パスを受けたWR#18松原がRB藤井へラテラルパスを決めてさらにゲインを稼ぐスペシャルプレーなども披露し、ゴール前10ヤードまで前進する。

ここからTDには至らなかったが、K#54山口の23ヤードFGで3-7と追いすがる。

 

アズワンも、QB矢部、RB#28山上らスキルポジションが好調。自陣35ヤードから途中4thダウンギャンブルをRB#24沖田のランで突破するなどダウン更新を重ね、敵陣25ヤードと進撃。

QB矢部のスクランブルでゴール前11ヤードへに迫ると、ピッチを受けたRB山上がエンドゾーンに走り込んでTD。14-3とリードを広げた。 

 

RB#24沖田

RB#24沖田が押しこんでTDを奪う

さらにアズワンは、自陣31ヤードからの攻撃で、QB矢部からWR#89要へ61ヤードのロングパスが決まり、一気にゴール前8ヤードに迫ると、最後はRB沖田が押しこんでTD。得点を重ねる。

 

攻撃の手を緩めないアズワン。「スカウティングで(相手の隙が)わかっていたので狙ってみた」(鈴木GM)というオンサイドキックを敢行。これがずばり的中して攻撃権を手に入れる。

 

ここからQB矢部、RB山上のランなどで敵陣16ヤードへと前進すると、最後はQB矢部からWR#5山本へTDパスがヒット。28-3とし、前半で早くも試合の趨勢を決めてしまう。

 

名古屋は後半開始早々に、KR#3石田の41ヤードリターンで得た敵陣49ヤードからの攻撃を、QB神谷からWR松原、鈴木、近藤らへのパスで、ゴール前12ヤードまで陣地を進める。

ここからRB#9井戸が中央突破してTDを奪うが、名古屋の反撃もここまでだった。 

 

QB#18立間

期待に応える交代出場の新人QB#18立間

アズワンは、後半から交代出場した新人QB#18立間が積極果敢に攻め、パスとランで2本のTDを決めるなど、「パスもしっかりと投げ込んでいるし、今後も十分に使っていける」(鈴木GM)と、ベンチの期待に応えた。

 結局、ファイナルスコア42-10でアズワンが圧勝。3勝目を挙げ、次はいよいよCENTRALの強豪・リクシルとの対戦に備える。

 

BATTLE9がSUPER9を破ったオール三菱の戦い(エレコム神戸14-17オール三菱)が、ずいぶんと刺激になったというアズワンの鈴木GM。「上位チームに対してどういうフットボールをするか。自分たちの存在意義を出していきたい」と気合いは十分。「策に走るわけではなく、自分たちのやれることをきっちりとやるだけ」と、正面からぶつかっていく。

 

名古屋の近藤助監督は「ディフェンスがこらえきれずに力の差で持っていかれた。立ち上がりのドライブをTDにしたかったが、FGまでいけたのは進歩」と、力をつけてきたチームには手応えを感じている様子。「攻め切れていない、守り切れていない、などをしっかりやっていかないと」と、次節からの戦いに備える。

ページトップへもどる