X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ みらいふ福岡SUNS
TOP > What’s New > 【WEST】名古屋サイクロンズ vs クラブホークアイ 試合レポート

What’s New

【WEST】名古屋サイクロンズ vs クラブホークアイ 試合レポート

’17.09.18

地元ファンの声援を受けて、名古屋が嬉しい今季初白星

 

台風18号が日本列島を横断した翌日。秋晴れのもと、名古屋サイクロンズとクラブホークアイの対戦が、名古屋の地元、名古屋市港サッカー場で開催された。

 

QB#2遠藤

立ち上がりQB#2遠藤を中心にホークアイが攻撃を仕掛ける

ここまで2敗と格上のチーム相手に実力が発揮されていない両チーム。ワイルドカード進出には、これ以上負けられない試合は名古屋のキックオフで試合が始まった。

 

試合の立ち上がり、先制点の欲しいホークアイは、オフェンスがRB#98梶原、#32若山、#43臼木のラン、QB#2遠藤からWR#10陶山、#81麻生へパスを織り交ぜ、リズムよくゲインを重ねる。

一気に敵陣32ヤードまで攻め入るが、ここからはダウン更新が奪えずパントとなり、得点には至らない。

 

2Qのホークアイ。敵陣42ヤードからの攻撃で敵陣23ヤードまで攻め込み、K#10陶山がFGトライ。

だがこのキックを名古屋キックカバー陣がブロック。このFGブロックで盛りあがる地元の声援をバックに、名古屋のオフェンス陣がリズムを掴む。

 

 

WR#18松原

リズムを掴んだ名古屋がWR#18松原へTDパスを決める

自陣41ヤードからの攻撃。「エレコム神戸戦から調子をあげてきて、この試合は彼に1試合を任せた」と名古屋の小林コーチの信頼を得たQB#6伊藤が、WR#17近藤、#8的場へとパスを決め、敵陣13ヤードまで進攻。

ここはTDこそ奪えなかったが、K#97真置が27ヤードFGをキッチリ決めて、名古屋が先制点をあげる。

 

この先制点に名古屋ディフェンス陣も奮起、ホークアイにファーストダウンを与えず、敵陣43ヤードからの攻撃権を得る。

QB伊藤からWR#18松原へのパスで敵陣19ヤード付近まで前進。再びQB伊藤からWR松原への23ヤードパスが決まってTD。TFPのキックも成功し、10-0と名古屋がリードを広げる。

 

ホークアイも反撃する。「Xリーグを2試合戦って、選手、コーチも少し慣れてきた」と、ホークアイの西村HC。自陣41ヤードからの攻撃は、QB#2遠藤からWR#18新実へのパスでダウン更新。敵陣へと入ると、さらにWR#84好田への21ヤードパスを成功させ、ゴール前25ヤードまで前進した。

最後はQB#2遠藤からWR#5永吉への10ヤードTDパスが決まり、前半を7-10で折り返した。

 

 

DL#96早川、LB#41山田

後半は名古屋ディフェンス陣が完封(DL#96早川、LB#41山田)

後半の立ち上がり、名古屋自陣37ヤードからの攻撃。QB伊藤からインサイドレシーバーとして活躍するRB#9井戸へのパスを皮切りに、ショートパスでダウン更新を重ねる。

敵陣へと攻め込んだところで、K#97真置の41ヤードFGが決まり、13-7と名古屋がホークアイを突き放す。

 

名古屋ディフェンス陣は、後半のホークアイオフェンスを、DL#91工藤、#96早川やLB#41山田らの活躍により要所で抑える。

 

その後名古屋は、FG1本と、LB山田のパントブロックからのセーフティなどで得点を重ね、ファイナルスコア18-7。名古屋が地元で嬉しい今シーズンの初勝利を挙げた。

 

今季初白星を挙げた名古屋の小林コーチは「前半は風を味方に良いポジションからのオフェンスでTDパスが決まり、流れをこちらに引き寄せ、自分たちのリズムで試合が出来て良かった」とほっとした表情。

「QB伊藤が好調になり、攻撃に弾みができ、残りの試合が非常に楽しみになった」と、WESTのサバイバル戦に手応えを感じた様子だった。

 

一方、Xリーグ初勝利を逃がしたホークアイの西村HCは「簡単に勝てませんね」と大きなため息。しかしながら「3試合戦い、Xリーグで相手に通用するプレーがわかったことが収穫」と、リーグ前半戦を終えて確かな手応え感じている。

「次は東日本地区のチーム(BULLS)と初めての対戦、思いっきり戦いたい」と、Xリーグ初勝利に向けて闘志満々であった。

  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる