X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ みらいふ福岡SUNS
TOP > What’s New > 【SUPER 9】富士通-パナソニック 試合レポート

What’s New

【SUPER 9】富士通-パナソニック 試合レポート

’13.12.02

富士通がパナソニックを退け、2年ぶり5回目の決勝進出

 

 JXB進出をかけて、2ndステージSUPER9リーグ2位通過の富士通フロンティアーズと、同じく3位通過のパナソニックインパルスが対戦。

勝利すれば富士通は2年ぶり、パナソニックは3年ぶりの進出となるだけに、最後まで熱い戦いが繰り広げられた。

 

 前節の2ndステージ最終戦では、ともに45得点した両チーム。この試合も点の取り合いになるかと思われたが、前半はロースコアの展開となった。

 

富士通WR#22宜本

QB#12平本からWR#22宜本へのパスで富士通が先制

 先にチャンスを得たのは富士通だ。パナソニックのオフェンスでQB#8高田がWR#80柴田へパスを成功させるが、タックルされてボールをファンブルし、富士通LB#45鈴木がリカバー。いきなり敵陣29ヤードからの攻撃権を得る。

 

 富士通はQB#12平本がWR#17秋山へパスを決め、RB#29ゴードン、#20高野橋が中央を走りゴール前16ヤード付近まで攻め込むが、ここから決め手に欠き、33ヤードのFGを選択。

 だが、K#11西村の蹴ったボールをパナソニック#17モトゥにブロックされ、先制点を奪えなかった。

 

 富士通は次の自陣46ヤードからのオフェンスでも反則で大きく罰退すると、QB平本からWR#22宜本へのパスが決まったものの、3rdダウンでQBサックされ、攻撃権放棄のためのパントを選択。

 しかし、このP#19吉田の蹴ったボールをパナソニックPR#6増谷がファンブルし、敵陣30ヤードから再び富士通が攻撃権を得る。

 このチャンスにQB平本がWR宜本へフェイクパスを決めTD。富士通が1Q11分25秒に、相手のミスからようやく先制点を奪った。

 

 

K#11佐伯

パナソニックはK#11佐伯のFGで反撃する

 直後のパナソニック。自陣25ヤードからのオフェンスでは、QB高田がTE#84吉田へパスを2本決めて前進すると、RB#22奥田、QB高田の2度のランで敵陣へ侵入。

ここでもRB奥田、そしてQB#3永吉のラン、さらにQB永吉からTE吉田へのパス、永吉のオプションキープで、敵陣27ヤードまで迫った。

 ここで、パナソニックはOLが左サイドに離れてセットするロンリーセンター隊形から、QB高田が右エンドゾーンに走り込んだWR#5本多へパスを決めTD。7-7の同点に追いついた。

 

 パナソニックは次のオフェンスでもQB高田がテンポよくパスを決め、自陣34ヤードから敵陣32ヤード付近まで攻め込むが、K#11佐伯がFGトライをブロックされ、失敗してしまう。その後は両チームとも敵陣に進入することが出来ない。

 

 前半も残すところ3分29秒となったパナソニック、自陣35ヤードからのオフェンス。RB#33横田の2度のラン、QB高田からTE吉田へのパスが2回決まって、敵陣27ヤード。そしてQB高田のスクランブルランでさらに4ヤード前進するが、このプレーで高田が負傷してしまう。

 この窮地にQB#18大原が登場。RB横田へのパスや、相手DBのホールディングの反則でゴール前9ヤードまで迫った。しかし、ここからラン、パスとも決めることが出来ず、K佐伯が25ヤードのFGを成功させ、10-7と、逆転に成功し前半を終えた。

 

 後半早々には、富士通QB平本もスクランブルランで負傷してしまう。

 急遽出場したQB#18出原は、ハーフライン付近からのオフェンスを率い、RB#28進士のラン、QB出原からWR秋山へのパスを決め敵陣39ヤードとオフェンスをドライブ。ここからWR#81中村へのダブルリバースプレーがうまく決まって、そのままエンドゾーンまで走りTD。富士通が14-10と再び逆転した。

 

 

RB#20高野橋

3Q、RB#20高野橋がTDを奪いリードを広げる

 富士通は次の自陣49ヤードからのオフェンスでも、QB出原がWR秋山へパス、QB出原自らのラン、RB高野橋のランでゴール前11ヤードとすると、QB#19吉田のカウンターランでさらに前進。最後はRB高野橋が中央付近を走り抜けTD、21-10とさらにリードを広げる。

 

 パナソニックも反撃する。直後のキックオフで、KR#27辻が57ヤードをリターンし、敵陣34ヤードからの攻撃権を得る。

 このチャンスに、ケガをおしてQBに高田が起用されるが、パスを決めることが出来ない。結局K佐伯が45ヤードのFGを成功させ、13-21と追い上げた。

 

 食い下がるパナソニックだが、次の自陣20ヤードからのオフェンスで、QB大原が富士通LB#35竹内にQBサックされ、ボールをファンブル。このボールを富士通DL#98南が拾い上げて走り、富士通がいきなりゴール前2ヤードからの攻撃権を得る。

 このチャンスに、RB高野橋がオフタックル付近を走り抜けTD、28-13と再びリードを広げた。

 

 パナソニックはその後も、敵陣23ヤードまで侵入するが、QB大原の投じたパスを富士通LB#5青木にインターセプトされてしまう。

 

LB#35竹内が激しいタックルでファンブルを誘う

 また、次のシリーズでもQB大原の投じたパスをWRがはじき、富士通DB#2佐藤にインターセプト。反撃をたび重なるターンオーバーで断ち切られ、そのままゲームオーバーを迎えた。

 

 富士通の藤田ヘッドコーチは「前半はフィールドポジションもよかったのに、点が取れずしんどかった。パナソニックさんのディフェンスに、しっかりプレーを止められてしまった。ただ、ゲームがしんどくても崩れなくなってきたのは成長したところ。後半、オフェンスは短いパスを決め、ランを出せたこと、ディフェンスは(パナソニックの)高田君が(けがで)出ていなかったのが大きかったが、止めるべきプレーを止めることが出来たと思う」と、冷静に分析した。

 JXB(オービック戦)に向けては「3連覇しているチームと戦えるのは光栄なこと。ポイントをしっかり押さえて、自分たちのできることを徹底してやりたい」と、悲願のJXB初優勝を目指す。

 

 一方、5回のターンオーバーを喫したパナソニックの荒木監督は「前半からボールのミスが出たがこれも実力。でもディフェンスはよく頑張って、あの(富士通)オフェンスをTD4本に抑えてくれた。オフェンスは(高田)鉄男の怪我で苦戦したことは否めないが、後半、ドライブすらできなくて時間を使うことができず、ディフェンスに負担を掛けた」と、なすすべのなかったオフェンスを悔やむ。

 しかし、3年ぶりにファイナルステージに駒を進めた今シーズンを「近年はチーム状態が下降気味だったが、今年は新人とベテランがうまくかみ合って、上向きのチームにできたと思う。来年はさらにいろいろなことにチャレンジして、もう一段階上にあがりたい」と、総括した。

  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる