X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ オーパーツ福岡SUNS
TOP > What’s New > 【SUPER9】パナソニック-富士通 試合レポート

What’s New

【SUPER9】パナソニック-富士通 試合レポート

’14.11.17

圧倒的な攻撃力で富士通が勝利。全勝でファイナルステージへ

 

ファイナルステージへの進出を賭けたセカンドステージ最終日。ここまで全勝で勝ち進み既に出場権を確保している富士通フロンティアーズと、この試合に勝って進出を決めたいパナソニックインパルスが対戦した。

 

QB#3キャメロン

“長距離ミサイル砲”QB#3キャメロン

まずは開始早々の富士通。パナソニックの攻撃を1回のダウン更新に抑えたあとの自陣49ヤードからの攻撃。第1プレーでQB#3キャメロンからWR#22宜本へ37ヤードのパスがいきなり決まりゴール前12ヤード。TDには至らなかったものの、K#11西村が30ヤードのFGを決め、富士通が先制する。

 

富士通は次の自陣39ヤードからの第1プレーで、今度はQBキャメロンからWR#81中村へ63ヤードのTDパスを決めて見せ、瞬く間に10-0とリードを奪う。

 

パナソニックも反撃開始。自陣31ヤードからRB#41岩田のラン、QB#8高田からWR#7遠藤へのパスなどでダウン更新を重ね敵陣に侵入すると、WR#5本多へのパスで敵陣34ヤード。ここから相手ディフェンスに押し戻されるが、K#11佐伯(栄)が45ヤードのFGを決めて、3-10と追いすがる。

 

パナソニックは、続く富士通の攻撃を1回のダウン更新に抑え、富士通が自陣30ヤード付近から蹴ったパントをリターナーに入った#12今西がビッグリターン。相手のエンドゾーンまで66ヤードを返してTDを奪い、10-10の同点とする。

 

だがその直後。富士通は自陣16ヤードから、QBキャメロンがWR中村へ84ヤードのロングボム。1発でTDを決め、17-10と再びリードを奪う。

 

WR#81中村

3本のTDパスをキャッチしたWR#81中村

パナソニックも負けていない。自陣35ヤードから、今度はQB#8高田のランを交えながら、WR遠藤へのパスなどで連続ダウン更新。敵陣24ヤードまで陣地を進めると、ここからQB高田が連続キャリーでTD。17-17と再び同点に追いつく。

 

富士通も今度はRB#29ゴードンのランを軸に自陣5ヤードからドライブを開始。TE#88大橋、WR#1強、宜本へのパスを交えながらゴール前5ヤードと迫る。ここからパナソニックディフェンスが踏ん張るが、7分20秒のドライブをK西村のFG成功に結びつけ、20-17と勝ち越す。

 

さらに富士通はその次の攻撃でも、自陣39ヤードからWR中村へのパス、RB#20高野橋のランでダウンを更新すると、WR#25成田へのパスでゴール前23ヤード。ここでQBキャメロンからWR中村に3本目のTDパスが決まり、27-17とリードを広げる。

  

RB#29ゴードン

粘り強い走りを見せるRB#29ゴードン

なんとか追いつきたいパナソニックだが、前半残り時間1分58秒からの攻撃は不発。

反対に富士通が残り時間1分17秒から、WR宜本へのパス、RBゴードンのランなどでパナソニック陣内へ攻め込むと、「練習通りにQBが上手くマネジメントできた。残り1分からのTDは効果的だった」と、富士通の藤田ヘッドコーチ。前半終了間際にQBキャメロンからRBゴードンへのTDパスがヒットし、34-17として前半を折り返す。

 

後半最初の富士通、自陣21ヤードからの攻撃。WR中村への45ヤードパスで敵陣に進攻すると、相手の反則やQBキャメロンのスクランブルなどでゴール前9ヤード。最後はRB高野橋が走り込んでTD。41-17とパナソニックを突き放し、優位に試合を進める。 

 

QB#8高田

パナソニックの追撃は及ばず

 

結局、前半終了間際の攻防、後半は開始直後の得点が勝敗の要となり、その後は互いに1本ずつのTDを挙げるが、ファイナルスコア48-24で富士通が圧勝。

富士通が7戦全勝でファイナルステージへと駒を進めた。

  

「いつもこう上手くいくとは限らないが、相手は相当に強いチームなので、立ち上がりにオフェンスがポンポンと点を取ってくれたのが助かった。ディフェンスもよく頑張ってくれた」と富士通の藤田ヘッドコーチ。

「ここからはトーナメント戦のような1戦必勝、やることはフットボール、精一杯戦っていくだけ」。いよいよ頂上まであと2つとなった。

 

「この試合に賭けてきたが、だいぶ力の差があった。いろいろ準備はしてきたが最後まで相手には穴がなかった」と、パナソニックの荒木監督。

黒星スタートから立て直してきた今季だがその黒星が最後に響いた。「いろいろチャレンジして良い方向には向かっている。最後のキッカケがなんなのか、さらに考えたい」と、出直しを誓う。

  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる