X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ オーパーツ福岡SUNS
TOP > What’s New > 【WEST】アサヒ飲料-エレコム神戸 試合レポート

What’s New

【WEST】アサヒ飲料-エレコム神戸 試合レポート

’14.09.14

ファイニーズ・レジスタンス。古豪復活にWEST戦線は大波乱

 

前節で優勝候補のパナソニックを延長タイブレークの末に破り、勢いに乗るエレコム神戸ファイニーズと、ここでエレコム神戸にしっかり勝利し、ファーストステージを優位に進めたいアサヒ飲料チャレンジャーズが対戦した。

 

 

エレコム神戸QB#6フナキ

ランでゲームをコントロールするQB#6フナキ

今季のエレコム神戸はディフェンスの強さが際立っている。

この試合でも、アサヒ飲料オフェンスを2シリーズ続けてダウン更新させないディフェンスでリズムを作ると、自陣24ヤードからの攻撃で、QB#6フナキがQBサックされるも、相手のフェイスマスクの反則で15ヤード前進してダウン更新。

「デザイン通りのプレー」(エレコム神戸・狩野ヘッドコーチ)と、そのQBフナキがオープンを走り、サイドライン際をエンドゾーンまで走り切ってTD。TFPキックは失敗するものの、6-0と先制点を奪った。

 

エレコム神戸は、その次のシリーズでも敵陣20ヤード付近まで攻め込んだが、K#80松岡(隼)がFGトライを失敗。

しかしここでディフェンス陣がチャンスを作る。その直後のアサヒ飲料オフェンスをしっかりと抑え、パントのラッシュでプレッシャーをかけ、アサヒ飲料P#5宮沢がボールを蹴れず、そのまま敵陣16ヤードからの攻撃権を奪い取る。このチャンスに、QBフナキが今度はTE#13松田へTDパスを決め13-0とリードを広げた。

 

 

TE#13松田

エレコム神戸はTE#13松田へのパスでTD

さらにエレコム神戸は、次の自陣27ヤードからの攻撃で、RB#23金城が大きく前進し、敵陣36ヤードへ。ここからQB#11糟谷がWR#83東内へのパスを決め敵陣20ヤードとすると、RB金城のラン、RB#33長谷のランでゴール前6ヤードと迫り、最後はK松岡(隼)が23ヤードFGを決め、16―0とリードをさらに広げた。

 

前半でなんとか点差を詰めたいアサヒ飲料は、前半終了間際に、タイムアウトを使って攻撃時間を残すと、PR#23林の16ヤードリターンで、残り43秒からゴール前17ヤードの攻撃権を得る。

ここでQB#2加納がWR#7森へパスを決め、ゴール前10ヤードまで迫ったが、ここからパス失敗やQBランも不発に終わり、最後はK#8崔が、29ヤードFGを決、3-16で前半を折り返した。

 

後半、アサヒ飲料がいきなりビッグプレーを見せる。エレコム神戸の自陣30ヤードからの攻撃で、QBフナキが投じたパスを、アサヒ飲料DB#1脇がインターセプト。そのまま35ヤードを走ってTD、10-16と追いあげに成功する。

 

 

アサヒ飲料QB加納

アサヒ飲料の先発はQB#2加納

これで流れを掴んだアサヒ飲料。続くエレコム神戸オフェンスもパントに追い込み、P#11糟谷が蹴ったボールを、アサヒ飲料LB#9星田がブロックし、敵陣35ヤードからの攻撃権を得る。

 

ここで起用されたQB#10林が、キーププレーを連発、ゴール前13ヤードまで迫る。しかしTDを狙ってQB林の投じたパスは、エレコム神戸DB#7中谷にエンドゾーン内でインターセプトされてしまう。

アサヒ飲料は、次のエレコム神戸オフェンスの4thダウンギャンブルをしっかり抑え、敵陣30ヤードからのオフェンスとなったが、ここでまたもやQB林が、エレコム神戸DB#12重田にインターセプトされ、得点には至らない。

 

一度は掴みかけた流れを手放してしまったアサヒ飲料に、その後良いところが全くなく、オフェンスを進めることができない。一方のエレコム神戸も、再びK松岡(隼)が37ヤードFGトライを外してしまい、セーフティリードを奪うことが出来ない。

 

 

エレコム神戸RB#23金城

ベテランRB#23金城の活躍が攻撃を支える

そのまま試合終了の時間が近づき、エレコム神戸は自陣7ヤードからの攻撃で、4thダウンまで追い込まれるが、ここでP糟谷が時間を上手く使いながら自らエンドゾーンでニーダウンして、セーフティ。これで逆にアサヒ飲料が追い込まれる結果となる。

残り時間1分24秒。アサヒ飲料、最後の攻撃もパスの失敗が続き、結局16-12でエレコム神戸が開幕2連勝を果たした。

 

ファイニーズがチャレンジャーズを破ったのは、Xリーグ2年目の1997年以来(14-0)のこと。実に17年ぶりの快挙に、フィールド、ベンチ、スタンドの歓喜が一体となって揺れた。

 

エレコム神戸の狩野ヘッドコーチは「アサヒ飲料はディフェンスの中の選手が強いので、工夫してプレーを組み立てた。(QBの)フナキも準備していたプレーを出すことができた。RB金城は、昨年一度は引退を決めた選手だったが、チームに残ってくれて、この場面で活躍してくれたことが嬉しい」と、満面の笑み。

 

エレコム神戸ベンチ

勝利に歓喜するエレコム神戸ベンチ

しかし「今日はキッキングゲームがボロボロだった。こんなことではセカンドステージを戦えない。しっかり立て直したい」と、快勝にも気を引き締め直していた。

 

一方、アサヒ飲料の福田ヘッドコーチは「QBは林の予定だったが、練習で身体を痛めたので急遽加納を使った。ゲームプランの修正などもあって攻めきれなかった」と、振り返る。

流れを掴みきれなかった後半は「たたみ掛けることが出来なかった。(インターセプトは)時間もあるのでTDを狙わなくてもよいと話していたが、もったいないプレーになってしまった」と悔やむ。「自信を失わないようにしながら、一戦一戦、しっかりやれることをやっていきたい」と、出直しを誓った。

  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる