-
X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ みらいふ福岡SUNS
TOP > チームプロフィール > 富士通フロンティアーズ

チームプロフィール

富士通フロンティアーズ

TEAMPROFILE

logo富士通フロンティアーズは、富士通グループのアメリカンフットボール経験者が集まり、同好会として発足する。1985年、“アマチュアリズムで仕事もフットボールも日本一に”をスローガンに、日本アメリカンフットボール界の開拓者となる事を誓い「FRONTIERS」と命名し、日本社会人アメリカンフットボール協会2部リーグに加盟。以降、急速に力をつけ、創部3年目には社会人最高峰の1部リーグに昇格した。
2005年から藤田ヘッドコーチ体制となり、2006年、2008年、2010年に東日本選手権(パールボウル)で優勝、また社会人選手権(JAPAN X BOWL)にも度々出場するなどと、Xリーグを代表するチームへと成長を果たす。
そして、2014年のシーズンは、創部30年目にして、6度目の出場となるJAPAN X BOWLで初めて勝利し、社会人日本一に。初出場となる日本選手権(RICE BOWL)でも学生王者を相手に勝利を納め、「日本一」の栄冠に輝いた。また、2016シーズンも2年ぶり2度目の日本一を獲得。

発足時のスローガンを体現すべく、所属する選手・スタッフは、仕事と競技の両立と、拠点である川崎市の「かわさきスポーツパートナー」として、地域貢献活動にも積極的に参加している。

QUICK FACTS

カテゴリ 実業団
母体企業 富士通株式会社
オフィシャルスポンサー ---
創部/加盟 1985年/1986年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年~X2以下除く
■レギュラーシーズン
126戦97勝27敗2分
■ポストシーズン
26戦16勝10敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場9回/優勝3回
ライスボウル出場/優勝 出場3回/優勝3回
チーム名の由来 日本のフットボール界の先駆者(フロンティア)になることを願って
チームカラー FUJITSUレッド
公式ウェブサイト http://sports.jp.fujitsu.com/frontiers/
チームスローガン NO EXCUSES
スローガンに込めた意味 「言い訳しない」全ての結果は自分の活動によって導き出される。自分のコントロールできないことに目を向けるのではなく、目の前の試合、練習、1Play…自分が出来ることを積み重ねる。

ROSTER

他のチームプロフィールを見る

富士通フロンティアーズ IBM BigBlue アサヒビールシルバースター オール三菱ライオンズ 明治安田PentaOceanパイレーツ 電通キャタピラーズ ノジマ相模原ライズ LIXIL DEERS
オービックシーガルズ 富士ゼロックスミネルヴァAFC 東京ガスクリエイターズ パナソニックインパルス エレコム神戸ファイニーズ アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ

神戸ボウル PEARL BOWL JXB Xリーグビギナーズガイド NFA リーグ記録集
  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる