-
X1 SUPER
富士通フロンティアーズ パナソニックインパルス IBM BigBlue ノジマ相模原ライズ オービックシーガルズ エレコム神戸ファイニーズ 東京ガスクリエイターズ オール三菱ライオンズ
X1 AREA EAST
アサヒビールシルバースター 富士ゼロックスミネルヴァAFC 電通キャタピラーズ AFCクレーンズ
X1 AREA CENTRAL
LIXIL DEERS 明治安田PentaOceanパイレーツ 警視庁イーグルス ブルザイズ東京
X1 AREA WEST
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ みらいふ福岡SUNS
TOP > チームプロフィール > アサヒビールシルバースター

チームプロフィール

アサヒビールシルバースター

TEAMPROFILE

logo『日本フットボール界の輝ける星になる』。シルバースターのニックネームのヘルメットデキャルには、創部当時に掲げた理念と意思が込められています。日本大学1964年度卒業の阿部敏彰(現監督)が母校と日本体育大学のOBを中心に呼びかけを行って1970年に創部。日本社会人フットボール協会のオリジナル・メンバーとして同年加盟を果たした。チームは発足当初から群を抜いた実力を発揮し、71年から現行の日本社会人体制になった85年までの15シーズンでリーグ優勝を逃したのは72年と85年のみ。しかし、83年に発足した日本選手権ライスボウルには当初クラブチームに出場資格が与えられなかったために、『無冠の帝王』時代が続きました。転機はクラブにライスボウル出場権が与えられた87年。アサヒビール(株)の支援を受けて日本一奪還のための運営面、戦力面の基盤固めに着手して89年にライスボウル初出場。92年、93年には社会人チームとして初のライスボウル連覇を達成。1999年には関西学院大学を下して3度目の制覇を達成しました。近年では選手、コーチングスタッフの世代交代が完了し、2017年より有馬隼人HCの元、更なるチーム変革に取り組み2年目のシーズンに挑む。

QUICK FACTS

カテゴリ クラブチーム
母体企業 アサヒビール株式会社
オフィシャルスポンサー ---
創部/加盟 1970年/1970年
Xリーグリーグ戦通算成績
※1996年~X2以下除く
■レギュラーシーズン
126戦82勝42敗2分
■ポストシーズン
22戦11勝11敗
※ポストシーズンはJXB、順位決定戦含む
日本社会人選手権出場/優勝 出場8回/優勝4回
ライスボウル出場/優勝 出場4回/優勝3回
チーム名の由来 「日本フットボール界の輝ける星」を目指し、日本の頂点で輝く銀色の星になる
チームカラー ネイビーブルー・シルバー
公式ウェブサイト http://www.asahibeer.co.jp/silver/
チームスローガン Faith in you-信頼・団結-
スローガンに込めた意味 全員がお互いを信頼し強い団結のもと、日本一奪還を目指す

ROSTER

他のチームプロフィールを見る

富士通フロンティアーズ IBM BigBlue アサヒビールシルバースター オール三菱ライオンズ 明治安田PentaOceanパイレーツ 電通キャタピラーズ ノジマ相模原ライズ LIXIL DEERS
オービックシーガルズ 富士ゼロックスミネルヴァAFC 東京ガスクリエイターズ パナソニックインパルス エレコム神戸ファイニーズ アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ アズワンブラックイーグルス 名古屋サイクロンズ

神戸ボウル PEARL BOWL JXB Xリーグビギナーズガイド NFA リーグ記録集
  • 朝日新聞デジタル:アメフット・ニュース - スポーツ
  • 川崎市
  • 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  • toto公式サイト
  • nikkansports.com
  • 水道筋ゑびす.com
  • NFAオフィシャルサイト
  • 株式会社大澤都市開発
  • A-cial Design
  • 競技強化支援事業
  • PR TIMES
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 競技強化支援事業助成金
    Xリーグの開催は、トップリーグ運営助成を受けて実施しています。
ページトップへもどる